FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴・友人とトラブル

付き合いの長い友人と、トラぶった。
というか、一方的にキレられた(と思っている)。

本人に言うとまた腹を立てられそうだからとネットの海に愚痴を放流する。

事の発端は相手の嵌っているなんぞのチケットを購入するのに協力して欲しいという依頼のメールが来たこと。
当初はPCのネット環境からでないと応募できないものを、もし自宅に居るなら代行して欲しかったという話だったのだが、自宅に居ないと返信したその後に、そのチケットの購入方法の第二段として携帯サイトユーザー限定の募集がかかるので、それに参加してくれないかという問い合わせがさらに来た。

・有料サービスに加入すること(つまり携帯端末の固有番号が必要だと言うこと)。
・当落メールが来るとのこと(つまり携帯メールアドレスの登録が必要だということ)。

申し訳ないが、自分が金輪際使わないサービスに個人情報を売り渡す趣味は無い。
が、率直に返信すると理不尽なことを言われているのはこちらだと思うのだが、どうにも悪者にされそうで返信内容を考えあぐねて、考え疲れて放置。
2、3日後に再度連絡が来た。
いつもなら、説教半分返信が来ると思っていたのに何故返事をしないのか?との問い合わせだった。

断られると思ったなら、断ることにも労力が要るんだから、そもそも頼んでくるなよと、疲れ果てた気分で「頼みたいのなら同じサービスを使いそうな同好の氏を探して頼んでくれ」と返信。

それに対して「しばらく連絡は控えるわ」と。


…そもそも、自分が頼みたいことや聞きたいことがなければろくすっぽ連絡をしてこないのに「しばらく控える」。

逆切れにしか思えないのにそれでもアプローチをしなければいけないような気になるから吾ながら嫌だ…

そして貧弱なメンタルの自分はご機嫌伺いよろしくツイッタで話題にしていたものの情報でメッセージを送ったわけなのだが…

えらく長文の返信が来た。
いわく、今回の最後のメールはちょっと言い過ぎたかなと思った。
しかし、いつも返信の間隔が空くのでそれは改めるべきだと思う。特に別件の日程調整の連絡が1ヶ月も間が空いていたのはどうなっていたのかと思った。
それから、何かで集まる話をするときに、手配を全部自分に任せっぱなしにするのはそろそろやめて欲しい。自分も今それなりに忙しくなっているので、昔ほど動けるわけではないのだから。

…緊急性があるものへの返信が著しく遅れるということはしていないつもりだし、日程調整が一ヶ月も云々はそもそも相手方が自分の提案した日を全部蹴ったから流れただけで、その後何の音沙汰も無かったのはお互い様。どうなっているのか気になったのなら、今回の非常識な依頼よろしく途中で問い合わせをしてくれば良い話ではないかと。
それから、手配云々は正直手配する必要を感じないものに相手が動き回っているという感覚が強い。
食い物屋の予約なんぞ正直自分はどうでも良い。食べることに対してそれほど興味も意欲も無いのでその辺の店に入れれば別に構わない。人気の店に予約してまで入ろうとか、何かサプライズをお願いしたりとかそういうモチベーションが無いので、されれば嬉しくないとは言わないが、されなくて不満と言うこともない。
割引券の手配とか、少しでも割安な利用方法を探すとかも、簡単に手が届く範囲にあるなら考慮に入れなくも無いけれど、探し回ったりわざわざ何かしにいったりするくらいなら定価で構わないとおもう方だ。

が、相手にしたら「やらなくて良い」「やめてくれ」「今回は自分がやるから」という言葉が無い時点で頼まれている、頼られている、任されている、と感じているらしい。

ぶっちゃけて言っていいなら、誰もそんなことは頼んでいないし、余計な動き方をするくらいなら当日遅刻せずに待ち合わせの場所に来てくれるほうがナンボかありがたい。
君が動き回りさえしなければ、こっちでも動きようがあったりするんだけど、分かってるか?

である。

例えば映画。割引券買ってくるから、と言われてしまったら、映画館に寄り道できる余裕があっても、定価で予約を入れて押さえることが出来ない。
食い物やに予約を入れたといわれたら、遅刻のおかげで後の予定がおしていてもそっちはいいから行こうとは言えない。

君が自分で自分を忙しくしているのに、なんでこちらに説教の矛先が来るのか理解に苦しむ。


……………
………
……



まぁ、
これをそのまま返信すると、さらに腹を立てられそうだなと弱腰な時点で力関係で負けている気はするがね。

自分は交友関係が極狭で極少なので、リアルで会える人間どころか、ネットで交友関係のある人間も数えるほどしか居ない。外世界との接点になりうる人間とはつながっておきたいとついつい思ってしまうからいかんのだろうなぁ…
ちなみに引きこもりな生活の出来る仕事ではないのだが、プライベートな話をするような仲になれている人間は皆無。同僚のメールアドレスなんて一個も知らない。

……コミュ障……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巳堂鷺之丞

Author:巳堂鷺之丞

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
web本棚
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。