スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に一回報告書を提出させられているわけだが

保守点検的なものに対しても「結果と考察」を求められる。
その時点で十分苦痛なのだが、この「結果と考察」に対してしばしば「何、この他人事みたいな書き方。当事者の自覚ないわけ?」みたいなコメントが付いて返却される。
……………………
……………
………
……

… … …

結果と考察を主観で書いてどーすんだ
そもそもに自分は「保守点検管理」を任されてるつもりでいたのに、いつの間にやら「企画立案運営そのうえ営業」みたいなことまでやることの中にぶち込まれていて、それならそれで任せてくれるのかと思っていると唐突な思い付きを「顧客が本当に求めているものはこれじゃない?やりなさい」みたいに命令としてねじ込んでくるので本当にやってられない気分になる。
しかも「やれ」といっておきながら人的資材の確保も時間の確保も自力でやれとか。
自分がやろうと思ったことで必要なら自分で動くのもそら当然だわなぁと思うが、やれと言われた作業に必要な時間をなんで自分の休日削って作らなあかんねん。
その前も作業のための人員は確保するからっつわれて確保してもらえるのねと思ってたら「何で終わってないの?」と怒られたり理不尽極まりない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

巳堂鷺之丞

Author:巳堂鷺之丞

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
web本棚
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。