スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人情報保護的にどうなんだ?

呼び鈴が鳴って玄関を出たら、見ず知らずの赤の他人が夫婦で居た。
いわく、工務店からこの家の仕事を請け負っているので、按配が気になるならみに行ったらどうかと言われたと。
詳しい契約内容も知らないし、そもそも頼んだ工務店がどこなのかなんて聞いていないといっているのに、人の話を聞かずに年配女性が食い下がる食い下がる。
会話の出来ない人間が、人に話を聞こうとするなと。
…疲れた。

続きを読む

愚痴・友人とトラブル

付き合いの長い友人と、トラぶった。
というか、一方的にキレられた(と思っている)。

本人に言うとまた腹を立てられそうだからとネットの海に愚痴を放流する。

続きを読む

48について

ちょうど、自分がテレビの無い環境に来たころあたりからテレビに出始めたので、文字になった情報しか把握できないのだけど、何故あのグループは世間的にプラスな情報での露出が無くて、世間的にマイナスな情報での露出が多いの?というのがずっと疑問。
あと、内輪ネタの発信が異様に多い。
メンバー内で誰が代表チームに入っただのセンターになっただのということは、いちいち世間に向けて発表するものじゃないだろう。宝塚ですら、演目の配役なんていちいち世間に向けて配信したりしない。
それは知りたい「仲間内」の人たちが調べに行ったときに簡単に分かるようになってさえいればいい物で、いちいちエンタメニュース何ぞで配信することじゃない。世間にとっては「宝塚」が「宝塚」であるように「48」は何人いようがどこの地方所属だろうが「48」で一つの団体なんだから。

で、古きよき「アイドル」を「演出」するのが目的の団体に所属しているくせにやたらと「異性とお泊り」系の話が出てくるのは何なの?
100人から居るからしょうがないとかそういう次元の問題じゃないよね?メンバー全員に週刊誌の記者が張り付いているわけもないし、なんでそんなに都合よく異性と飲みに行ったり不純交友が確定してそうな場面を抑えることが出来るのかと疑問でしょうがない。

ちょっとまえに不純異性交遊が発覚して、退団迫られて剃髪したというトピックが流れていたけど、普通に宣材作っている事務所に所属していたら、商品の特徴である長髪を勝手に切るとかそっちのほうが暴挙でペナルティを科せられる行動だと思うんだが、そういう方面での話が流れてくる様子は無い。

となると、話題の乏しいメンバーで何か話題を作って、所属団体の中の誰かが売れるようにする工作として「不純異性交遊を世間にばれる様に行い、ペナルティを科す」までを事務所及びメンバーが行っているように思えて仕方ない。普通の事務所は不純異性交遊や刑事罰を受けるような犯罪行為を行った後の罰則を世間に公表するようなことはしないものだ。

それにしても「外部団体の作品に48メンバーの誰かが出演・参加」というトピックをトンと見ない。
その10倍は「じゃんけん」「総選挙」「握手会」「スキャンダルで卒業・降格」という話を見せられている気がする。
私は彼女達のファンでもなんでもないので、内部抗争の話なんて知りたいとも思わない。内輪の話は内輪だけで終わらせて、外部に出してこないでもらえないものか。

夢を見たので夢占いしにいってみた

風邪引いて喉が壊滅的にやられているため半引きこもり中。
寝るときにはマスクを着用せねばとがんばっております。

そんで、夢の話なのですが

多分以前に一回見ていた夢の続きのような気がする。

自分は悪玉の教授の雑用をさせられている学生(なんぞその教授の用事を承らないと教室に入れず、教室側の廊下に出られないと言う理不尽設定があるらしく、断ると窓側の「各階一階分の手すりのみ下までまっさかさま教室」と「避難梯子のような手すりに横棒渡した状態のもの」とが一回分づつ入れ子になっているところを上から覗き込むアングルで見ているシーンが入っていた)らしく、先回見たときはいやいやながら従っていたようだったのだが、今回は我慢しきれずに「やめさせてもらいます!」的な捨て台詞を吐いて窓側の手すりに手を掛け下へ降りようとし、香港映画かなんかのアクションみたいにじりじり降りて別の階の横の教室の手すりに手を掛け変えて降りて…
さて最後に手を離すぞというところで、何故かシーンが切り替わり、手すりを握っているのはロンドンハーツの髪の白いほうで、中国のプールのセレモニーだかで手すりからプールに飛び込む大役を任されている設定に切り替わり(青木さやか嬢に「こんな危険なことして大丈夫なのかしら」的な心配をされているらしい描写が入りました。なんなんだ、一体)手すりから手を離してプールへどぼん。
水深2メートル以上はあるらしく、しかも何故か底の方で水が噴射されており、そのまま上に浮かぶつもりが横に押し出され、浮上できない、ここで息を吐いたら水を飲む羽目に!

と、思ったところで目が覚めました。

多分、マスクが息苦しかったんだと思うんだが、こんな夢見たの初めてです。

体の自由がうまく利かずにあっちこっちされるというのは、夢の中でやたらと体が浮く(空を飛ぶ、に非ず)ことがあり、風もないのに思った位置に着地できないとか再浮上できないとかありましたが、水の中だと怖さが違いますね。窒息怖す。

そしてネットで夢占いというか、夢診断と言うか。

「頼れるものが無くて不安を抱えている」時に見るとか何とか。
まぁねぇ、5日も声が出なかったら不安にもなりますって。
内科にかかっていたせいか、お医者さんが全然そこを気にしてくれなくてやきもきしてたしね。

早く復活してくれろ。

いいちこ「iichiko design展」行って来た

「下町のナポレオン」でおなじみ(?)の「いいちこ」。
これのポスターやCMを展示する「iichiko design展」が11月9日~11日の3日間名古屋栄のナディアパークで開催。
金曜土曜日曜の3日間というかなりシビアな開催期間だったけど、なんとか行ってくることができました。
雨の日だったので傘さして行きました。入場前にアンケート用紙を受け取り、傘はよこの傘立てに置いていってねという形。
受付近辺の関係者の多さにびっくりしましたが、もしかして会社としてのイベントが何かある日だったのかな?(最終日だったし)
B1×2サイズのポスターが順路に沿って横に横に掲示。下に「印刷紙・使用色(ノーマルのほか特色いくつ、という書き方)・撮影地」の情報がキャプションとして付けられているという体裁。
見に来ていた人はデザイン系の学校の生徒さんとかだったのかな?色使いがどうやらなんやらというやり取りがちょこちょこ聞こえてました。

軽く沈んだ感じの色彩に気が付いてませんでしたが、撮影地意外と南国がいっぱい。
そしてイイチコinクリスマスはすべてメタル仕様の紙に印刷。よくこれだけクリスマステーマでいろんな撮影地を探せるものだと感心するほど「クリスマス!」なポスター。

どれもイイチコがメインではない感じのポスターなので、イイチコをウ○ーリー扱いでここにあるここにあると指摘して回るお嬢さんも居たり(お母さんと一緒の来館だったけれど、ポスターをゆっくり見たい母親と、そんなことは知ったことではない娘さんでは当然移動スピードが違って…まぁしゃーないわなぁ…)。

まぁなんというか、入場無料だね、うん。という感じ。

いっしょに並べてあった自社で出しているという季刊誌が、色んなテーマ色んなジャンルの特集を組んである雑誌になっているのだけれどものすごく「文字が多い」。
どこに向けているものなのか分からないけれど、作っているほうも読んでいるほうも教養のレベルが高そうな季刊誌でした。
最後のほうにお酒以外の自社製品が並べてありましたが、なんというか、本格志向。
革表紙のスケッチブックとか、ガラスペンとかものすごく趣味人の好きそうな小物が色々…

最後に渡されたアンケートを受付に提出したところ、くじを引かされお土産をもらいました。
どういうものが用意してあったのかわかりませんが、自分のくじは「ポスター他のデザイン集とポスターに使用した写真で作ったポストカードセットのどちらか」というもの。
デザイン集(図録のようなもの)を選んでもらってきました。
ポスターのほか、雑誌広告(写真、コラム網羅)にさらにCMが収録されたDVDまで入ってました。こんなお土産までもらえて入場無料。そりゃ3日しか開催しないよね、という気分に。

…もらっておいてなんだけれど、素人の自分がこんなものもらっちゃって良かったんだろうか。
なんかもっと必要としている人が居るんじゃないだろうかとちょっともんにょり…

とりあえず、下戸なんですが、なんとかこの企業に協力したいという気分になりました。
迷惑覚悟で贈答に使うかなぁ…

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

巳堂鷺之丞

Author:巳堂鷺之丞

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
web本棚
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。